アスタワーク
キープ

お役立ちコンテンツ

2024年 これから車を買うならガソリン車 電気自動車 ハイブリット車? テスラ車と国産車の比較も!

2024年 これから車を買うならガソリン車 電気自動車 ハイブリット車? テスラ車と国産車の比較も!

2024年 これから車を買うならガソリン車 電気自動車 ハイブリット車? テスラ車と国産車の比較も!

ー2024年現在、日本ではガソリン車の新車販売は継続されています。しかし、政府は2035年までにガソリン車の新車販売を禁止する予定であり、今後は徐々に電気自動車へのシフトが進んでいくと考えられています。そのような状況において、これから車を買うなら、どのような車種を選ぶのがよいでしょうか。

まずは、電気自動車とガソリン車の比較!

  ガソリン車 電気自動車 ハイブリッド車
分類 ガソリン BEV FCEV PHEV HEV
動力源 ガソリン 電気 水素 電気とガソリン ガソリンと電気
エンジン あり なし あり なし あり
排気ガス あり なし なし あり あり

 

■ガソリン車

ガソリン車は、車両本体価格が他と比べると安く、充電の手間がかからないなどのメリットがあります。また、現在のところ、電動車よりも車種の選択肢が豊富です。

 

ただし、燃費が悪いため、ランニングコストは高くなる傾向があります。また、排気ガスを排出するため、環境に配慮した車を求める人にはむいていません。

 

■電気自動車

電気自動車は、燃費が良く、排気ガスを排出しないため、環境に優しいのがメリットです。また、静粛性にも優れています。

 

ただし、車両本体価格が高く、充電に時間がかかるなどのデメリットがあります。また、航続距離が短いモデルも多く、長距離の移動には不向きです。

 

■ハイブリット車

ハイブリット車は、ガソリン車と電気自動車の両方のメリットを兼ね備えているのが特徴です。燃費はガソリン車より良く、航続距離も電気自動車より長いモデルが多いです。

 

ただし、車両本体価格はガソリン車と電気自動車の中間程度です。また、電気自動車と同様に、充電に時間がかかる場合があります。

 

これから車を買うなら、どのような車種を選ぶかは、以下の点を考慮して決めるとよいでしょう。

・車両本体価格

・ランニングコスト

・環境への配慮

・航続距離

・充電のしやすさ

また、今後の電動車の普及状況も考慮に入れるとよいでしょう。

次に、電気自動車の種類を解説!

電気自動車とは、車両の動力に電気を使うクルマのことです!大きく分けて、電気自動車の種類は4つに分類することができます。

 

BEV(バッテリー式電動自動車)

BEVは、バッテリーに蓄えた電力で電動モーターを駆動して走行する車です。排気ガスを排出しないため、環境に優しいのが特徴です。また、静粛性にも優れています。

しかし、航続距離が短いモデルが多く、充電に時間がかかるなどのデメリットもあります。

 

BEVモデルの車種例

・テスラ https://evsmart.net/carMaker/Tesla/

・日産     https://ev2.nissan.co.jp/

・トヨタ https://toyota.jp/bz4x/?padid=from_bz4x_term_nav_top

・ホンダ https://www.honda.co.jp/honda-e/

PHEV(プラグインハイブリッド自動車)

PHEVは、バッテリーに蓄えた電力とガソリンエンジンの両方で走行する車です。BEVと比べると航続距離が長く、充電の手間が少ないのが特徴です。

しかし。EVと比べると環境性能は劣ります。

 

PHEVモデルの車種例

・トヨタ HARRIER ハリアー

・トヨタ  CROWN クラウン

・三菱  OUTLANDER アウトランダー

・三菱  ECLIPSE CROSS  エクリプス

HEV(ハイブリッド自動車)

HEVは、ガソリンエンジンとモーターを組み合わせて走行する車です。エンジンとモーターの駆動力バランスを制御することで、燃費を向上させています。ハイブリット車はエンジンとモーターの使い方の違いにより、シリーズ・パラレル・スプリット方式の3つのシステムにさらに分かれています。

BEVやPHEVと比べると価格が安く、充電の手間がかからないのが特徴です。

 

HEVモデルの車種例

・トヨタ PRIUS プリウス

・日産  SERENA セレナ

・ホンダ VEZEL ヴェゼル

FCEV(燃料電池自動車)

FCEVは、水素と酸素の化学反応で発電した電力で電動モーターを駆動して走行する車です。排気ガスを排出しないため、環境に優しいのが特徴です。

しかし、水素ステーションの数が少なく、水素の価格が高いなどの課題があります。

 

FCEVモデルの車種例

・トヨタ MIRAI

・ホンダ CR-V FCEV

 

三菱自動車のEV車とPHEV車の違いを解説!

■EV車

・電動モーターのみで走行する

・航続距離が短い

・車両本体価格が高い

 

■PHEV車

・電動モーターのみで走行できる

・ガソリンエンジンでも走行できる

・航続距離が長い

・車両本体価格がEVより安い

 

EV車とPHEV車の具体的な違いを解説!

■動力

EVは、電動モーターのみで走行します。そのため、排気ガスを排出しないため、環境に優しいのが特徴です。また、静粛性にも優れています。

 

PHEVは、電動モーターのみで走行できるだけでなく、ガソリンエンジンで走行することもできます。そのため、長距離の移動にも対応できます。

 

■航続距離

EVの航続距離は、モデルによって異なりますが、一般的に100~300km程度です。そのため、日常生活で利用する分には十分な航続距離ですが、長距離移動には不向きです。

 

PHEVの航続距離は、モデルによって異なりますが、一般的に200~500km程度です。そのため、長距離の移動にも対応できます。

 

■車両本体価格

EV車両の本体価格は、モデルによって異なりますが、一般的にガソリン車より高価です。これは、バッテリーなどの部品が高価なためです。

 

PHEVの車両本体価格は、EVより安く、ガソリン車より高い程度です。これは、ガソリンエンジンを搭載しているためです。

 

日本における電動自動車に対しての補助金について解説!

日本における電動車の補助金制度は、国と地方自治体によって実施されています。

国による補助金

国による補助金は、国土交通省が実施しています。2023年度の補助金制度は、以下のとおりです。

 

・電気自動車(BEV):最大85万円

・プラグインハイブリッド自動車(PHEV):最大55万円

・燃料電池自動車(FCEV):最大120万円

 

補助金の対象となる車両は、以下の要件を満たす必要があります。

 

・国土交通省が定める「次世代自動車復興センター」の認定を受けた車両であること

・新車であること

・車両価格が840万円以下であること

 

補助金の申請は、車両の購入後に行います。申請手続きは、国土交通省のウェブサイトに掲載されています。

 

地方自治体による補助金

地方自治体によっては、国による補助金に加えて、独自の補助金制度を実施している場合があります。

 

たとえば、東京都はBEVとPHEVの購入に最大15万円の補助金を交付しています。また、大阪府は、FCEVの購入に最大150万円の補助金を交付しています。

地方自治体による補助金制度の詳細は、各自治体のウェブサイトなどで確認できます。

 

補助金の活用方法

電動車の補助金を活用することで、車両の購入費用を抑えることができます。また、地方自治体によっては、補助金の交付条件に充電設備の設置が含まれる場合もあります。

電動車の購入を検討している場合は、補助金制度を活用することで、よりお得に購入できる可能性があります。

 

テスラ車と国産EV車の比較

■テスラ車の魅力

・航続距離の長さ

テスラ車の航続距離は、一般的に他のEV車よりも長いのが特徴です。たとえば、モデル3の航続距離は、標準レンジモデルで448km、ロングレンジモデルで568kmとなっています。

 

・加速性能の高さ

テスラ車は、モーター駆動による瞬発力の高さが魅力です。モデル3のロングレンジモデルは、0-100km/h加速が3.4秒と、スポーツカーにも匹敵する加速性能を実現しています。

 

・最新の運転支援技術

テスラ車は、最新の運転支援技術を搭載しています。モデル3には、自動運転機能の「オートパイロット」が標準装備されています。車の操作は、全て”タッチスクリーン”と呼ばれるiPadのようなディスプレイで行います。ナビの操作はもちろん、エアコンの調整なども直観的に行うことが出来ます。また、音声コマンドも使用することができるので、iPhoneでいうsiriにお願いするような感覚でナビの設定などができるので便利です。

 

・先進的なインテリア

テスラ車のインテリアは、シンプルで洗練されたデザインが特徴です。スマホのアプリでテスラの公式アプリにログインしてセットすれば、スマホが鍵の代わりになるので、充電口やドアノブなど、触るだけで開きます。

 

■テスラ車の懸念点

・車両価格の高さ

テスラ車の車両価格は、一般的に他のEV車よりも高いのが特徴です。たとえば、モデル3の標準レンジモデルの価格は559万円、ロングレンジモデルの価格は649万円となっています。

 

・充電インフラの整備状況

テスラ車は、急速充電器の利用が前提となています。しかし、日本では急速充電器の整備がまだ十分と言えず、充電の利便性が低い場合があります。

 

・通信速度の遅さ(4G)

通信速度が4Gのため、搭載されているソフトが遅く感じることがあります。そのためイライラしてしまうことがあるかも。あとはオートパーキング機能はまだ日本の狭い駐車場ではへたくそに感じることがあるかもしれません。

 

・品質やサービス面の不安

テスラ車は、品質やサービス面で不安の声があがることも少なくありません。テスラはディーラーを持っていないので、店舗に駆け込みで持って行ったり、メーカーの担当者が取りに来てもらえるようなことがありません。サービスセンターに依頼して、大阪や東京などの県外の工場に積載車で運ぶ必要があります。

たとえば、納期の遅延や、車両に不具合が出た時に長期間工場に預ける必要があります。

 

■国産EV車の魅力

・充電インフラの整備状況

日本では、国や地方自治体、民間企業などが連携して、EV車の充電インフラの整備を進めています。そのため、国産EV車であれば、全国各地で充電できる環境が整っています。

 

・車両価格の安さ

国産EV車の車両価格は、テスラ車などの輸入EV車に比べて、一般的に安いのが特徴です。たとえば、豊田bZ4Xの価格は513万円~569万円、日産アリアは539万円~626万円となっています。

 

・アフターサービス

国産EV車は、販売店やディーラーなどのアフターサービス体制が充実しています。万が一の故障やトラブルにも、安心して対応してもらえます。

 

■国産EV車の懸念点

・航続距離の短さ

国産EV車の航続距離は、テスラ車などの輸入EV車に比べて、一般的に短いのが特徴です。たとえば、トヨタbZ4Xの航続距離は51.1kWh で、テスラモデル3の標準レンジモデルの航続距離は448kmとなっています。

 

・加速性能の低さ

国産EV車の加速性能は、テスラ車などの輸入EV車に比べて、一般的に低いのが特徴です。たとえば、トヨタbZ4Xの0-100km/h加速は7.7秒で、テスラモデル3の標準レンジモデルの0-100km/h加速は5.6秒となっています。

 

・最新の運転支援技術の搭載状況

国産EV車の最新運転支援技術の搭載状況は、テスラ車などの輸入EV車に比べて、一般的に遅れているのが特徴です。たとえば、トヨタbZ4Xには、自動運転機能の「トヨタセーフティセンス」が搭載されていますが、テスラモデル3には、自動運転機能の「オートパイロット」が標準装備されています。

 

電気自動車メーカーランキング

■世界

1位:Tesla(55万台)

2位:BYD(32万台)

3位:GM(25万台)

4位:VW Group(21万台)

5位:Hyundai(18万台)

 

■日本

1位:日産

2位:トヨタ

3位:三菱

 

2023年11月までの日本で売れているEV車ランキング

1位:日産サクラ(2725台)

2位:トヨタbZ4X(1874台)

3位:日産リーフe+(965台)

4位:トヨタbZ3X(886台)

5位:ホンダe(859台)

 

このランキングでは、軽自動車の「日産サクラ」が1位となりました。サクラは、2022年5月に発売されたばかりの新型車であり、軽自動車初のEV車です。低価格で、航続距離も233kmと十分なため、人気を集めています。

 

2位は、トヨタのSUV「bZ4X」です。bZ4Xは、トヨタ初の量産型EV車であり、高級感のあるデザインと、51.1kWhのバッテリーによる航続距離510kmが魅力です。

 

3位は、日産SUV「リーフe+」です。リーフe+は、2019年に発売されたリーフの派生モデルであり、62.4kWhのバッテリーによる航続距離458kmを実現しています。

 

4位は、トヨタのコンパクトSUV「bZ3X」です。bZ3Xは、bZ4Xの弟分であり、35.5kWhのバッテリーによる航続距離285kmを実現しています。

 

5位は、ホンダのハッチバック「e」です。eは、2020年に発売されたホンダ初の量産型EV車であり、35.5kWhのバッテリーによる航続距離283kmを実現しています。

 

国産EV車メーカーごとの表

メーカー 車種 バッテリー容量 価格 充電時間目安
トヨタ bZ4X 71.4kWh 513~569万円

普通充電:約10時間

50kW急速充電:約30分

トヨタ bZ3X 51.1kWh 439~499万円

普通充電:約6時間

50kW急速充電:約20分

日産 アリア 66.0kWh 539~626万円

普通充電:約9時間

130kW急速充電:約30分

日産 リーフ+e 90.0kWh 529~589万円

普通充電:約12時間

130kW急速充電:約30分

ホンダ ホンダe 35.5kWh 399~439万円

普通充電:約6時間

50kW急速充電:約20分

ホンダ

ヴェゼルe:HEV

28.8kWh 299~399万円

普通充電:約5時間

50kW急速充電:約20分

マツダ MX-30EV 35.5kWh 455~525万円

普通充電:約6時間

50kW急速充電:約20分

スズキ ソリオe:HEV 17.6kWh 229~289万円

普通充電:約3.5時間

50kW急速充電:約20分

スズキ スイフトe-booster 17.6kWh 209~269万円

普通充電:約3.5時間

50kW急速充電:約20分

ダイハツ タントEV 20.0kWh 239~299万円

普通充電:約4.5時間

50kW急速充電:約20分

ダイハツ ムーヴe-SMART HYBRID 17.6kWh 189~249万円

普通充電:約3.5時間

50kW急速充電:約20分

スバル ソルテラ 71.4kWh 599~699万円

普通充電:約12時間

50kW急速充電:約30分

レクサス UX300e 54.4kWh 694~794万円

普通充電:約8時間

150kW急速充電:約30分

価格は2023年8月時点のものです。

 

EV車の購入を考えた時にキニナルあれこれ

Q充電料金はいくらぐらいか?

電気自動車(EV車)をフル充電する場合の料金は、充電方法によって異なります。

①自宅充電

自宅で充電する場合は、電力会社と契約している電気料金によって料金が異なります。

一般的に1kWhあたり20~30円程度の料金で充電できます。

バッテリーの容量にもよりますが、1回あたり数百円~2000円程度の電気代でフル充電にすることができます。

 

ただし、自宅で充電を行うには駐車場などに充電設備を設置する必要があります。と言っても200VのEV充電用のコンセントを設置する方法なら、初期費用は10万円程度が目安で比較的に安く用意できます。

 

たとえば、40kWhのバッテリーを搭載したEV車をフル充電する場合、電気代は800~1200円程度となります。

 

②外の充電スポット

公共の充電スポットでは、充電器の種類や充電速度によって料金が異なります。

一般的な普通充電器(AC200V)で充電する場合は、1kWhあたり20~50円程度の料金で充電できます。

 

たとえば、40kWhのバッテリーを搭載したEV車を普通充電器でフル充電する場合、電気代

は800~2000円程度となります。

 

③急速充電器(DC150V以上)

急速充電器で充電する場合は、1kWhあたり50~100円程度の料金で充電できます。

 

たとえば、40kWhのバッテリーを搭載したEV車を急速充電器でフル充電する場合、電気代は2000~4000円程度となります。

 

なお、公共の充電スポットによっては、無料または割引料金で充電できる場合があります。

また、電気自動車の購入時に、充電料金の割引きが受けられるキャンペーンを実施しているメーカーもあります。

 

④無料の充電スポット

無料の充電スポットを探すには検索アプリやネット検索すると探しやすいです。

充電スポット検索におすすめのサイトはこちら

①GoGoEV

https://ev.gogo.gs/search/?kw=&ac=23&output_num=&ampere=&free=1#result

 

②EVsmart

https://evsmart.net/spot/aichi/

 

 

Q.EV車のプラグの形状とボルト数を教えてください

EV車のプラグは、大きく分けて「普通充電用」と「急速充電用」の2種類があります。

 

・普通充電用プラグ

普通充電用プラグは、家庭用コンセントや、200Vの普通充電器で使用します。形状は

SAE J1772規格に準拠した「SAE  J1772プラグ」が一般的です。SAE J1772プラグは,5本のピンで構成されており、ボルト数は5本です。

https://accraine.co.uk/product/32a-sae-j1772-plug-ac-type-1-ev-charging-plug/

 

・CHAdeMOプラグ

CHAdeMOプラグは、日本や中国などで主に使用されています。形状は、丸い形状をしており、5本のピンで構成されています。ボルト数は5本です。

https://www.midaevse.com/lb/fast-ev-charger-plugs-chademo-dc-connector-with-cable-product/

 

・CCS2プラグ

CCS2プラグは、欧州やアメリカなどで主に使用されています。形状は、CHAdeMOプラグと似ていますが、中央のピンが太くなっています。形状は、丸い形状をしており、5本のピンで構成されています。ボルト数は5本です。

https://www.ev-chargerstation.com/sale-35558274-evcome-ccs2-plug-iec-62196-1000v-dc-80a-125a-150a-200a-ev-charger-connector-with-5m-length-cable-or-.html

 

また、一部のEV車では、CHAdeMOプラグとCCS2プラグの両方を搭載しているものもあります。

 

Q.EV車が暴走するのは何故ですか

・ソフトウェアの不具合

EV車には、アクセルやブレーキなどの操作を制御するソフトウェアが搭載されています。このソフトウェアに不具合があると、アクセルが勝手に踏み込まれたり、ブレーキが効かなくなったりして、暴走につながる可能性があります。

 

・ハードウェアの故障

EV車には、バッテリーやモーターなどのハードウェアが搭載されています。これらのハードウェアに故障があると、アクセルが勝手に踏み込まれたり、ブレーキが効かなくなったりして、暴走につながる可能性があります。

 

・ドライバーの操作ミス

EV車は、アクセル操作が非常にスムーズなため、アクセルを踏みすぎてしまうなどの操作ミスで暴走につながる可能性があります。また、誤ってアクセルとブレーキを同時に踏んでしまうと、急発進や急停車を引き起こし、暴走につながる可能性があります。

2023年8月現在、EV車の暴走事故は、世界中でいくつか報告されています。その中には、ソフトウェアの不具合が原因で発生したものや、ハードウェアの故障が原因で発生したもの、ドライバーの操作ミスが原因で発生したものなどがあります。

 

EV車の暴走を防止するためには、ソフトウェアの開発やハードウェアの製造において、安全性を十分に確保することが必要です。また、ドライバーにも、EV車の特徴を理解し、正しい操作を心がけることが重要です。

 

・ソフトウェアのアップデートをこまめに行う

EV車のソフトウェアには、不具合を修正するアップデートが定期的にリリースされています。ソフトウェアのアップデートをこまめに行うことで、不具合による暴走を防止することができます。

 

・定期的な点検を受ける

EV車も、ガソリン車と同様に定期的な点検が必要です。点検では、バッテリーやモーターなどのハードウェアの状態を確認します。ハードウェアに故障が見つかった場合は、早めに修理や交換を行うことで、暴走を防止することができます。

 

・アクセル操作に注意する

EV車は、アクセル操作が非常にスムーズです。そのため、アクセルを踏みすぎてしまうなどの操作ミスに注意が必要です。また、誤ってアクセルとブレーキを同時に踏んでしまわないように、注意しましょう。

これらの点に注意することで、EV車の暴走を防止することができます。

 

Q.EV車の便利なところを教えてください

・環境に優しい

EV車は、走行中に排気ガスを排出しません。そのため、地球温暖化や待機汚染の防止に貢献することができます。

 

・ランニングコストが安い

EV車は、電気で走るため、ガソリン車比べてランニングコストが安くなります。電気代は、ガソリンに比べて安価であり、また、充電の回数もガソリン車に比べて少ないため、ランニングコストを大幅に削減することができます。

https://evdays.tepco.co.jp/entry/2021/10/12/000021

 

・静粛性が高い

EV車は、エンジンを搭載していないため、走行中は非常に静かです。そのため、社内の快適性や、周囲への騒音の制御になります。

 

・アクセルレスポンスが良好

EV車は、モーター駆動のため、アクセルを踏んだ瞬間に最大トルクが発生します。そのため、加速が非常にスムーズで、力強い走りを楽しむことができます。

 

・メンテナンスの手間が少ない

EV車は、ガソリン車に比べてメンテナンスの手間が少ないです。エンジンオイルの交換や、定期点検などの頻度が少なく、メンテンナンスの費用も抑えることができます。

 

EV車のバッテリー寿命と交換時の価格をい教えてください

 

一般的に、EV車のバッテリー寿命は、8~10年、または走行距離10万~15万km程度とされています。しかし、バッテリーの劣化は、使用状況や気温などによっても大きく異なるため、一概には言えません。

 

バッテリーの劣化が進むと、航続距離が短くなったり、急な加速や減速ができなくなったりするなどの症状が現れます。バッテリーが寿命を迎えた場合は、交換が必要になります。

 

バッテリー交換の費用は、車種やバッテリーの容量によって異なりますが、一般的に数十万円から100万円程度かかると言われています。また、メーカーによっては、バッテリーの保証期間を設けている場合もあります。

 

なお、EV車のバッテリーは、リサイクルが義務付けられています。バッテリーを交換する際は、ディーラーや販売店に相談しましょう。

 

EV車のバッテリー寿命を伸ばすためには、以下の点に注意しましょう。

・過充電や過放電を避ける

・急激な充電や放電を避ける

・高温になる環境を避ける

・定期的にメンテナンスを受ける

これらの点に注意することで、バッテリーの寿命を延ばし、EV車を長く快適に使用することができます。

 

Q.EV車はどれくらい走りますか?

EV車の航続距離は、車種やバッテリーの容量によって大きく異なります。

 

・軽自動車のEV車の航続距離は200~300km程度が一般的です。

・コンパクトカーのEV車の航続距離は300~400km程度が一般的です。

・ミニバンのEV車の航続距離は、400~600km程度が一般的です。

・セダンやSUVなどのEV車の航続距離は500~700km程度が一般的です。

 

また、航続距離は、走行条件や気温などによっても変動します。

・高速道路を走行すると、航続距離が短くなります。

・エアコンを使用すると、航続距離が短くなります。

・気温が低いと、航続距離が短くなります。

そのため、EV車を購入する際は、自分の生活スタイルや走行条件を考慮して、適切な航続距離の車種を選ぶことが重要です。

まとめ

2024年以降、EV車の普及はさらに加速していくと予想されています。その背景には、以下の3つの要因が挙げられます。

①政府の規制強化

各国政府は、脱炭素社会の実現に向けて、EV車の普及を促進するための規制を強化しています。例えば、日本では、2035年までに新車販売の100%を電動車とする目標を掲げています。

②技術革新によるコストダウン

EV車のバッテリーやモーターの技術革新が進み、コストが下がっています。これにより、EV車の価格がガソリン車に近づき、購入しやすくなってきています。

③消費者の環境意識の高まり

消費者の環境意識が高まり、EV車への関心が高まっています。EV車は、走行中に排気ガスを排出しないため、地球温暖化や大気汚染の防止に貢献することができます。

 

これらの要因により、2024年以降、EV車の市場は拡大していくと予想されています。また、EV車の車種や価格帯も拡大し、消費者の選択肢が広がっていくでしょう。

 

具体的には、以下の点が予想されます。

①航続距離の向上

EV車のバッテリーの性能が向上し、航続距離がさらに伸びるでしょう。これにより、長距離ドライブや高速道路の走行も快適に行うことができるようになります。

 

②充電時間の短縮

急速充電の技術が向上し、充電時間が短縮されるでしょう。これにより、出先での充電のストレスが軽減されます。

 

③価格の下落

EV車のコストがさらに下がり、ガソリン車と同等の価格帯で購入できるようになるでしょう。これにより、EV車の普及がさらに加速すると考えられます。

また、EV車の普及に伴い、充電インフラの整備も進んでいくでしょう。家庭用や公共の充電スタンドがさらに増え、EV車の利用がより便利になっていくと考えられます。

アスタワークでは、トヨタ車だけでなく三菱車、ホンダ車など様々なメーカー様の最先端の技術に携われる高時給のお仕事をご紹介しています。お時間あるときに覗いてみてください。

 

木村:KIMURA/ アスタリスク、人材戦略グループ長 広告・人事担当

PROFILE:木村瞳。1985年生まれ。岡山県出身。大学卒業後ユニクロに入社し日本各地を転々と転勤し愛知の豊橋へ。人材コンサルタントに興味を持ち、アスタリスクに2014年転職。派遣スタッフさんのフォロー担当を務めながら、広告担当も務め、数多くの企業様へ訪問させていただいた経験と情報を活かし、今は広告担当専属に。求職者の方に忖度しないこと。良い情報も悪い情報も、お話しし、その方にとって間違いのない選択。リスクの低い選択をご提案できるように心がけている。

サイト内検索

サイト内検索