アスタワーク
キープ

お役立ちコンテンツ

名古屋の魅力とは!?

名古屋の魅力とは!?

名古屋の魅力とは!?

「愛知」と聞いて、皆さん「つまり名古屋でしょ?」と思われると思います。

そうです。名古屋が1番有名です。

今回は、愛知県に本社があるアスタリスクの人事担当の木村がオススメする名古屋についてご紹介していきます。

 

名古屋市ってどんなところ?

名古屋市(なごやし)は、愛知県の県庁所在地であり、政令指定都市および中枢中核都市です。人口は横浜市や大阪市に次いで、東京特別区部を除いた全国第3位を誇り、中部地方・東海地方における行政・経済・文化の中心地です。

 

そんな名古屋市は商業エリア、工業エリア、新興住宅エリアに大きく分類することができます。

 

名古屋駅周辺や栄を中心とした商業エリアでは、駅ビルをはじめ、デパートや百貨店、ホテルが建ち並んでいます。愛知県の玄関口として多くの観光客で賑わっています。

 

愛知県豊田市や三重県四日市市などと共に形成される中京工業地帯の中核都市になっています。また、市南部の港区や南区は臨海工業地帯としても全国的にも有名です。このことから、大手企業をはじめ数多くの企業が名古屋市に工場を構えています。

 

名古屋市の北部や東部は新興住宅地として発展しており、比較的若い世代が多く暮らしているエリアです。中でも名東区は子育て支援が充実していることからファミリー層に人気があり、市内でも有数の人口の多さを誇ります。

 

文化面ではおいしいグルメが味わえる場所としても人気があります。名古屋市を発祥とした「なごやめし」は全国的にも有名です。みそかつ、手羽先、ひつまぶしなど、お馴染みのグルメが数多くあるところが特徴的です。

 

名古屋市は愛知県のみならず、日本でも中心的な役割を担っている都市です。

 

名古屋に来たらココおすすめ

大須商店街

食べ歩きができたり、古着屋さん、スニーカー専門ショップ、ハイブランドのリサイクルショップなどがメインでいつくものお店が立ち並びます。

中でも、私のオススメはゲームセンター(タイトーステーション)

ゲームセンターど素人の私の所感では「ガチ勢が集うゲームセンター」です。

音ゲー、頭文字D、シューティングゲームなど、めちゃくちゃゲームがうまい人が

本気で。かつ華麗な手さばきや、足さばきで、ゲームをやっているので、見ているだけでも面白い!

 

サイフォンコーヒーとお茶の店

めちゃくちゃおいしいサイフォンコーヒーとおしゃれな店内で、面白い体験ができます。

コーヒーが苦手な人も紅茶もあるので、コーヒーが苦手な方と一緒に行っても楽しめます。

店内はとても落ち着いていて、盆栽に全く興味がなかった私も、このお店に出会って

「盆栽はじめてみようかな」と思ってしまうようなお店です。

 

コストコ(守山店)

イケア(長久手店)

 

車がある方は。になってしまいますが、海外の大型スーパーや家具店があるのも名古屋ならでは。

コストコは入店するために年会費がかかりますが、イケアは無料です。

何も買わなくても、普段行くスーパーと違った雰囲気のお店にドライブがてら行くのも楽しくて

オススメです。

 

 

名古屋市の求人情報

名古屋市は地区によって特色があり、さまざまな求人情報が数多く集まるエリアです。製造品出荷額は、豊田市に次いで県内2位を誇っています。自動車産業、航空宇宙産業、鉄道車両、鉄鋼、電気機械、化学工業、セラミックス産業などの産業が盛んに行われています。製造業の仕事を探している方にとって、さまざまな求人から自分にぴったりの仕事を見つけることができるでしょう。

 

名古屋駅前や栄といったエリアは、商業施設の求人や飲食店の求人が数多くあります。また、東海道新幹線も通り、中部国際空港へのアクセスも良いため、観光やビジネス目的の人流も多く、宿泊施設の求人も豊富です。

 

名古屋市の北部や東部などの新興住宅地として発展しているエリアは、小売店や飲食店が数多く立ち並び、接客やサービス業の求人が豊富です。

 

製造業に限らず、多種多様な求人の中から仕事を見つけられる点が名古屋市の求人の特徴です。

 

木村:KIMURA/ アスタリスク、人材戦略グループ長 広告・人事担当

PROFILE:木村瞳。1985年生まれ。岡山県出身。大学卒業後ユニクロに入社し日本各地を転々と転勤し愛知の豊橋へ。人材コンサルタントに興味を持ち、アスタリスクに2014年転職。派遣スタッフさんのフォロー担当を務めながら、広告担当も務め、数多くの企業様へ訪問させていただいた経験と情報を活かし、今は広告担当専属に。求職者の方に忖度しないこと。良い情報も悪い情報も、お話しし、その方にとって間違いのない選択。リスクの低い選択をご提案できるように心がけている。

 

サイト内検索

サイト内検索