アスタワーク

メニュー

お役立ちコンテンツ

同じ求人で違う派遣会社 派遣会社によって時給が違うのはなぜ?なぜそうなるのかを解説!

同じ求人で違う派遣会社 派遣会社によって時給が違うのはなぜ?なぜそうなるのかを解説!

同じ求人で違う派遣会社 派遣会社によって時給が違うのはなぜ?なぜそうなるのかを解説!

こんちにちは!アスタワークを運営する、アスタリスクの

人勢戦略グループ、グループ長の木村です。

 

自分と同じ業務内容を担当している同僚の時給が自分よりも高いという事実を知り、不公平を感じたことがある方がこのコラムを見ていらっしゃると思います。

ここでは、時給アップを目指すための交渉方法や、より良い条件を提示してくれる派遣会社や職場の情報を解説していきます。

 

派遣先で時給が違うという現象の3つの背景

1.派遣会社の違いによる時給差

派遣会社によって、手数料や福利厚生などの諸経費が異なるため、派遣先企業に提示する時給に差が生じる場合があります。これは、派遣会社の経営戦略や財務状況によって左右されます。

 

・手数料の違い:派遣会社は、派遣先企業から得た報酬から、派遣求職者に支払う給与と、自社の利益を捻出する必要があります。手数料率の高い派遣会社は派遣求職者に支払う時給が低くなる傾向があります。

 

・福利厚生の充実度:派遣会社によっては、社会保険完備や各種手当の充実など、手厚い福利厚生を提供しているところがあります。これらの福利厚生にかかる費用は、派遣求職者に支払う時給から捻出されるため、充実した福利厚生を提供している派遣会社の求人の時給は低くなる傾向にあります。

 

・営業力の違い:派遣会社によっては、高単価案件に特化しているところ、低単価案件に特化しているところなど、得意分野が異なります。営業力が高い派遣会社は、高単価案件になるように交渉力があります。

 

2.同じ仕事でも時給が違う理由

一見同じ仕事に見えても、派遣先企業、職種、勤務地、勤務時間、スキルや経験、資格など様々な要素によって、時給が異なる場合があります。

 

・派遣先企業:大企業と中小企業では、人件費に対する考え方や予算が異なるため、時給に差が生じることがあります。一般的に、大企業の方が中小企業よりも時給が高くなる傾向があります。

 

・職種:専門性の高い職種や、希少性の高いスキルや経験、資格を持っている場合は、時給が高くなる傾向があります。あとは、業種によっても異なります。

同じ組み立てでも、自動車の組み立てと、カメラの組み立てでは、自動車の販売価格の方が高いこともあり、同じ組み立てでも自動車の組み立ての時給の方が高くなる傾向があります。

 

・勤務地:勤務地によって時給が異なります。一般的に、都市部の方が地方よりも時給が高くなる傾向があります。

 

3.派遣先と契約内容の違い

派遣先との契約内容によっては、派遣会社が派遣求職者に支払う時給と、派遣先企業が派遣会社に支払う時給に差が生じることがあります。この差は派遣会社の利益となります。

 

・手数料率:契約内容に明記された手数料率によって、派遣会社が派遣求職者に支払う時給が決定されます。手数料率が高いほど、派遣求職者に支払う時給は低くなります。

 

・福利厚生:契約内容によっては、派遣会社が派遣求職者に支払う福利厚生の内容が定められています。福利厚生が充実している場合、派遣求職者に支払う時給は低くなる可能性があります。

 

・派遣期間:派遣期間が短い場合は、時給が高くなる傾向があります。これは、派遣会社が人材確保にかかるコストを改修するためです。

 

・更新頻度:契約内容によっては、派遣契約の更新頻度が定められています。更新頻度が高いほど、派遣会社が人材確保にかかるコストが高くなり、派遣求職者に支払う時給が低くなる可能性があります。

 

後から入った人の給料が高い理由

派遣会社で、同じ仕事内容でも、後から入った人の方が給料が高い場合があるのは、いくつかの理由が考えられます。

 

1.人材市場の変化

人材市場は常に変化しており、ある時期には人材不足だった職種でも、その後は人材が豊富になり、給与水準が下がる場合があります。後から入った人は、人材市場が有利な時期に入社したため、高めの給料で採用された可能性があります。

 

2.職務経験やスキル

後から入った人が、、全職で同じ職種で経験を積んでいたり、必要なスキルをみにつけていたりする場合、高めの給料で採用される可能性があります。

 

3.応募状況

応募状況によっては、企業側がより多くの応募者を集めるために、高めの給料を提示する場合があります。後から入った人は、たまたまそのような時期に応募したため、高めの給料で採用された可能性があります。

 

派遣会社に時給アップを交渉する方法

1.交渉前に確認すべきポイント

派遣の仕事で時給アップを希望する場合、ただ漠然と「時給をあげてほしい」と伝えるのではなく、計画的に交渉を進めることが重要です。ここでは、派遣会社に時給アップを交渉する方法を解説します。

 

・自分の市場価値を知る

 まず、自分の職種や業界における市場価値を調査しましょう。同じ仕事やスキルセットを持つと他の派遣社員がどのくらいの時給を受け取っているのかを把握することで、現行の時給が適正かどうかを判断できます。インターネットでの求人情報や、労働組合、キャリアコンサルタントなどのリソースを活用すると良いでしょう。

 

・自分の業務内容と成果を整理する

 現在の業務内容と、それに対して達成した成果や貢献度を整理しておくことが大切です。具体的な数字や事例を挙げて、自分の業務が派遣先企業にどのように貢献しているのかを明確にしましょう。たとえば、効率向上のために提案したアイディアがどのような効果をもたらしたかなどです。

 

・派遣先企業の状況を把握する

 派遣先企業の経営状況や業界の動向も把握しておきましょう。業績が好調である場合や、業界全体が成長している場合は、時給アップの交渉が受け入れられやすくなります。逆に、経営が厳しい状況であれば、時給アップの交渉は難しいかもしれません。

 

2.効果的な交渉のタイミングと方法

 時給アップの交渉は、適切なタイミングを選ぶことが重要です。たとえば、契約更新の時期や、大きなプロジェクトを成功させた直後など、派遣先企業があなたの貢献を高く評価している時期を狙いましょう。

 

時給アップの交渉が必ずしも成功するとは限りません。そのため、柔軟な姿勢を持ち、他の条件(たとえば、交通費の支給や業務時間の調整など)の改善も視野に入れて交渉することが重要です。

 

時給アップのために転職を検討する際のポイント

派遣先で時給アップが難しいと感じている場合、転職を検討するのも1つの方法です。転職活動において、時給アップを実現するためには、以下のポイントを意識することが重要です。

 

1.自分の価値を明確にする

まず、自分のスキル、年齢、経験、資格などを客観的に評価し、自身の価値を明確にすることが重要です。自分の強みやアピールポイントを把握することで、より高単価な求人に応募することができます。

 

2.自分に合った求人を探す

希望する時給を満たす求人を探すためには、求人情報サイトや転職エージェントなどを活用しましょう。求人情報サイトでは、様々な条件で求人を絞り込むことができます。転職エージェントであれば、希望に合った求人を紹介してもらったり、面接対策のアドバイスをもらったりすることができます。

 

3.複数のオファーを比較検討する

複数の企業からオファーをもらった場合は、それぞれのオファーを比較検討しましょう。比較検討する際には、時給だけでなく、福利厚生や勤務時間、職種、キャリアパスなども考慮する必要があります。

 

別の派遣会社への登録のメリットとデメリット

派遣会社に登録して仕事を探す場合、複数の派遣会社に登録することで、より多くの仕事を紹介してもらう機会が増え、希望に合った仕事を見つけやすくなるというメリットがあります。しかし、複数の派遣会社に登録することは、デメリットもあります。

 

1.メリット

・より多くの仕事を紹介してもらえる:派遣会社によって、取引をしている企業が違います。つまり、複数の派遣会社から話を聞くことで、選べる仕事の幅が広くります。

 

・希望に合った仕事を見つけやすい:複数の派遣会社から話を聞くことで、自分の希望に合った求人を見つけやすくなります。

 

・交渉力が高まる:複数の派遣会社からオファーをもらっている場合は、希望の条件を伝えやすくなり、交渉力が高まります。

 

・情報収集の場が増える:複数の派遣会社と話すことで、派遣業界全体の動向や求人情報に関する情報収集の場が増えます。

 

2.デメリット

・管理が大変:複数の派遣会社に登録するおt、それぞれの会社の担当者とのやり取りや、求人情報の管理が大変になります。

 

・同じ派遣先にダブルブッキング:違う派遣会社から同じ派遣先にエントリーしてしまった場合、派遣先からの印象が悪くなり、最悪、不採用となってします場合があります。

二頭追うもの一頭も得ず。です。

 

・信用が低下する可能性がある:複数の派遣会社に登録していると、天秤にかけられていると感じて、スピード感をもって対応してもらえない可能性があります。

 

時給アップが見込める派遣会社の選び方

派遣会社によって、扱っている案件や、派遣先企業の規模や業種、福利厚生などが異なるため、時給水準にも差が生じます。以下では、時給アップが見込める派遣会社を選ぶためのポイントを詳しく解説します。

 

1.高単価案件を多く扱っている会社を選ぶ

高単価案件を多く扱っている派遣会社は、それだけ時給水準も高くなる傾向があります。求人情報サイトなどで、派遣会社の求人案件を比較してみましょう。

 

2.業界特化型の会社を選ぶ

特定の業界に特化した派遣会社は、その業界に関する専門知識や人脈を持っているため、高単価案件を紹介しやすいというメリットがあります。自分の希望する職種に特化した会社を選ぶと良いでしょう。

 

3.福利厚生が充実している会社を選ぶ

福利厚生が充実している派遣会社は、給与以外にも様々な手当や制度が充実しているため、トータルで見た時給水準が高くなります。

 

4.担当者との相性を見る

派遣会社の担当者との相性も、時給アップに影響を与える重要な要素です。担当者との信頼関係を築くことで、より良い案件を紹介してもらえる可能性が高くなります。

 

利用する口コミサイト・評価サイト

派遣会社を選ぶ際に、口コミサイトや評価をチェックすることは非常に重要です。実際に利用した人の体験談や評価を知ることで、会社の評判やサービス内容をより詳しく理解することができます。

 

1.利用する口コミサイト・評価サイト

・キャリコネ:匿名で利用できる口コミサイトです。派遣会社の評判や給与、福利厚生、担当者とのやり取りなど、様々な情報が掲載されています。

 

・indeed:求人サイトですが、口コミや評価も掲載されています。求人情報と合わせて、口コミや評価を確認することができます。

 

・Grlassdoor:世界最大級の口コミサイトです。派遣会社の評判や給与、福利厚生、働き方など、様々な情報が掲載されています。

 

2.口コミサイト・評価サイトの活用方法

口コミサイトや評価サイトを活用する際には、以下の点に注意しましょう。

 

・口コミの信ぴょう性:口コミの中には、サクラや誹謗中傷が含まれている可能性もあります。複数の口コミを比較検討し、信ぴょう性の高い口コミを見極めることが重要です。

 

・口コミの投稿時期:古い口コミよりも、最近投稿された口コミの方が、より再診の情報が反映されています。

 

・口コミの投稿者:口コミの投稿者が、どのような職種でどのような経験をしているのかを確認することで、自分にあてはまる情報かどうかを判断することができます。

 

3.口コミサイト・評価サイトの注意点

口コミサイトや評価サイトの情報は、あくまでも参考情報として利用する必要があります。最終的な判断は、自分の目で確かめて行うことが重要です。

 

・気になる会社があれば、実際に面談を受けてみることがおすすめです。面談を通じて、会社の雰囲気や担当者との相性などを確認することができます。

 

まとめ

派遣会社で時給アップを実現するためには、自分の強みや価値を明確にすること、

希望する時給を設定すること、複数のオファーを比較検討することなどが重要です。

木村:KIMURA/ アスタリスク、人材戦略グループ長 広告・人事担当

PROFILE:木村瞳。1985年生まれ。岡山県出身。大学卒業後ユニクロに入社し日本各地を転々と転勤し愛知の豊橋へ。人材コンサルタントに興味を持ち、アスタリスクに2014年転職。派遣スタッフさんのフォロー担当を務めながら、広告担当も務め、数多くの企業様へ訪問させていただいた経験と情報を活かし、今は広告担当専属に。求職者の方に忖度しないこと。良い情報も悪い情報も、お話しし、その方にとって間違いのない選択。リスクの低い選択をご提案できるように心がけている。

サイト内検索

サイト内検索