アスタワーク
キープ

お役立ちコンテンツ

【工場 夜勤版】休憩時間にたべやすいもの決定版

【工場 夜勤版】休憩時間にたべやすいもの決定版

【工場 夜勤版】休憩時間にたべやすいもの決定版

工場勤務の場合、多くは交替勤務となります。今回は夜勤勤務の際の食事に焦点を当てて

解説していきます。

 

夜勤にオススメ(疲れにくい食べ物)

 

夜勤で働く場合、エネルギー源となる炭水化物をしっかりとりましょう。

勤務後すぐに寝る場合も考えて、炭水化物に偏らないように魚屋お肉、卵などのタンパク質を含む食品をおかずに選びましょう。

砂糖たっぷりな菓子パンや油分塩分の多いスナック菓子はNGです。

 

フルーツ

フルーツは天然の糖分を含みますが、同時に食物遷移、ビタミン、ミネラルも含まれています。特にリンゴやバナナなどはエネルギーを補充するのに適しています。

 

ヨーグルト

プロバイオテクスを含むヨーグルトは、腸内の健康をサポートし、目演繹力を高めます。健康的な腸は疲労を軽減するのに役立ちます。

 

ナッツ

アーモンド、くるみ、チアシードなどの種子はタンパク質、健康的な脂質、ビタミン、ミネラルを含み、エネルギーを補充するのに適しています。

これらの食材は手軽に摂ることができ、満腹感を持続させてくれます。

 

梅干し

柑橘類に含まれるクエン酸は、梅干しや酢にも含まれています。クエン酸には、カルシウムなどのミネラルの体内への吸収を助ける作用もあります。

 

水分補給

夜勤中、水分補給は非常に重要です。適切な水分摂取を心がけ、カフェイン飲料を過度に摂らないようにしましょう。水やカフェインレスのお茶を選んで、脱水を防ぎましょう。

 

ダイエット中におすすめの夜勤におすすめの食べ物

ダイエット中は、カロリーを制限しながら栄養価の高い食べ物を摂ることが重要です。

夜勤中はどうしてもお腹が減りますよね。我慢して何も食べないと、体力が続かなくなり

朝までもちませんし、集中力ももちません。今やカロリー表記がされているのでカロリー

計算ができますが「おにぎりだけ」「菓子パンだけ」みたいな食べ方はな避けましょう。

一食分のカロリーとしては多くはありませんが、栄養バランスが炭水化物だけに偏って

しまいます。炭水化物は摂りすぎて余った分は脂肪になってしまいます。

この”炭水化物だけ”食いを避けるには、以下の食材を意識して組み合わせて取るようにしましょう。

 

野菜

野菜は低カロリーで高食物繊維を含み、満腹感を持続させます。特に緑黄色野菜(ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ)は栄養価が高いです。

 

タンパク質

低脂肪のお肉、魚、鶏肉、豆腐、大豆製品など、タンパク質は筋肉を保つのに役立ち、満腹感を提供します。

 

健康的な脂質

オリーブオイル、アボカド、ナッツ、種子などの健康的な脂質は満足感を高め、エネルギーを含みます。

 

低脂肪乳製品

低脂肪ヨーグルトや低脂肪牛乳はカルシウムとタンパク質を提供し、満腹感を高めます。

 

水分摂取は代謝を活性化し、脂肪燃焼を助けるために重要です。食事前に水を飲むことで、食事量を制御することもあります。

 

グリーンティー

グリーンティーに含まれるカフェインと抗酸化物質は代謝を促進し、脂肪燃焼をサポートします。

 

むくみが気になる時に食べるオススメの夜勤時の食べ物

むくむ原因をしっておきましょう。

ナトリウムとカリウムさは作用しながら体内の浸透圧を維持し、水分や成分の濃度を調整しています。カリウムが不足し、塩分をとりすぎると体内のナトリウム濃度が高まり、むくみの原因となります。長時間同じ姿勢でいたりすると身体がむくみやすくなります。

 

バナナ

バナナはカリウムの豊富な食材で、調理をしなくても手軽に食べられるのでおすすめです

 

ほうれん草

ほうれん草はカリウムを多く含む緑黄色野菜で、生でサラダに加えるか、蒸して料理に加えるのも良いです。

 

アボカド

アボカドはカリウム、健康的な脂質、食物遷移を提供し、サンドイッチやサラダに加えるのに適しています。

 

スイカ

スイカも水分とカリウムが豊富なフルーツです。水分が多いため利尿作用も高くむくみの軽減に役立とされています

 

レモン

レモンに含まれるビタミンCは、抗酸化作用があり、血管の健康をサポートします。レモンを水に加えて摂ることで、むくみを軽減できます。

 

コンビニで買える夜勤にオススメな食べ物

おにぎり

エネルギー源となる糖質を中心に食べられるおにぎりは,中に入れる具材によってたんぱく質を補うことも可能です。また、お箸を使わずに片手で食べられる手軽さもありますし、腹持ちが良いのも特徴です。

 

サンドウィッチ

おにぎり同様、色々な具材を挟むことにより様々な栄養素を補給できる食べ物です。チキンや卵などはタンパク質を摂取でき、レタスやトマトなどの野菜を挟んだものはビタミンやミネラルを摂取できます。

 

ヨーグルト

タンパク質のほか、カルシウムも摂取できるヨーグルトは夜勤の食事におすすめです。無糖タイプや脂質ゼロタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

お味噌汁

職場にポットなどお湯が使える器具がある場合はお味噌汁がおすすめです。

寒い時期は身体も暖まりますし、栄養面でも空腹時間が長すぎると次に食べたものの吸収率が高くなりすぎてしまうため、ちょっと小腹が減ったときの食事にもおすすめです。

 

まとめ

夜勤労働者は、健康的な食事戦略を採用することで、エネルギーを維持し、健康をサポートできます。軽やかな食事、栄養価の高い間食、適切な水分補給、おにぎりの活用、そして朝食の重要性を理解し、夜勤をより効果的に過ごす手助けとなるでしょう。

今回解説していく中で様々な部門で出てきた食材、「バナナ」「ナッツ類」「ヨーグルト」は特に夜勤勤務時に食べるのがおすすめの食材です。

 

木村:KIMURA/ アスタリスク、人材戦略グループ長 広告・人事担当

PROFILE:木村瞳。1985年生まれ。岡山県出身。大学卒業後ユニクロに入社し日本各地を転々と転勤し愛知の豊橋へ。人材コンサルタントに興味を持ち、アスタリスクに2014年転職。派遣スタッフさんのフォロー担当を務めながら、広告担当も務め、数多くの企業様へ訪問させていただいた経験と情報を活かし、今は広告担当専属に。求職者の方に忖度しないこと。良い情報も悪い情報も、お話しし、その方にとって間違いのない選択。リスクの低い選択をご提案できるように心がけている。

サイト内検索

サイト内検索