アスタワーク
キープ

お役立ちコンテンツ

【2024年 最新】楽な仕事ランキング   愛知の転職のプロが解説

【2024年 最新】楽な仕事ランキング   愛知の転職のプロが解説

【2024年 最新】楽な仕事ランキング   愛知の転職のプロが解説

こんちにちは!アスタワークを運営する、アスタリスクの

人勢戦略グループ、グループ長の木村です。

 

今回は

「楽(ラク)して稼ぎたい。」面接をこれまで何千件も行ってきましたが、これが求職者の方が仕事を選ぶうえで、最初に出てくる要望です。そこで、今回は2024年最新版の「らくな仕事」をご紹介していきます!

仕事における「楽しさ」は多くの求職者にとって重要な要素の1つです。しかし、楽な仕事とは具体的にどのような仕事なのでしょうか?

 

楽な仕事と感じる基準はひとそれぞれですが、以下のような点が挙げられています。

 

楽な仕事と感じる基準

・身体的負担が少ない

・ストレスが少ない

・繰り返し作業が多い

・責任が少ない

 

具体的な職種を今回は、10位まで業種を選出していきます!

 

1.製造業

・比較的単純な作業が多いため、習熟しやすい

・機械が主体の業務のため人間の負担が比較的少ない

 

2.サービス業

・商品の陳列や接客が主体であり、知識と経験があれば業務を遂行できる

・商品知識が身につけやすく、顧客への提案もしやすい

・人間関係が築きやすく、お客様からの感謝の声が直接伝わる瞬間がある

 

3.大家

・不労所得を得られる可能性がある

・自分で管理方法を決められる

・初期投資が必要

 

4.運輸業

・車の運転が好きな人にとっては楽しい環境で、新しい場所に行くこともできる

・ルートが決まっているため、同じ業務の繰り返しで慣れるのが早い

 

5.IT業界

・リモートワークが可能な場合が多く、働き方の選択肢が広がる

 

6.研究職

・興味を持った分野について深く探求するため、やりがいがある

 

7.金融業

・法的なルールが厳格であるため、業務範囲が比較的明確になっている

 

8.事務

・場所を選ばずに仕事ができる(在宅勤務可能の企業も多い)

・ミスが許されないため、集中力と正確性が求められる

・オフィスワークなので、天候に左右されない

・幅広いスキルが求められるため、やりがいがある

 

9.警備員

・単純作業が多く、覚えると比較的らく

・夜勤や早番など、勤務時間が選べる場合が多い

・接客の必要がない

 

10.清掃員

・単純作業が多く、覚えると比較的らく

・運動不足解消にもつながる

・一人でモクモクと作業できる

 

身体的に負担が少ない職種のメリット・デメリット

✓メリット

1.体力的な負担が少ないため、年を重ねてからも就労しやすい

 事務職や受付、在宅ワークなどは座って作業ができるため、体力に頼らない

 

2.健康リスクが低い

 重労働がないので、腰痛や肩こりなどの身体的な疲労の蓄積が低くなる

 

✓デメリット

1.AIやロボットに代替えされる可能性がある

 単純作業は自動化が進むと、AIやロボットに置き換えられるリスクがある

 

2.収入が限られる

 身体的負担が少ないため、給与水準が比較的低い傾向にある

 

ストレスが少ないとされる仕事の条件

ストレスが少ないとされる仕事の条件は

1.単純作業が中心で覚えやすい仕事

2.残業が少なく休暇がしっかりしている

3.対人関係によるストレスが少ない

4.ミスのリスクが比較的低い仕事

5.正当に評価される仕事

6.自分のペースで仕事ができる環境

7.肉体的に負担が少ない

とされています。単純作業が中心で責任が重くなく、勤務環境が良い仕事がストレスが少ないとされています。ただし、個人差があり、ストレスに感じるかどうかは人それぞれです。

 

自分がストレスを感じる原因を洗い出すことが重要です。

・人間関係、責任の重さ、ノルマや納期などの要因を自己分析する。

・自分のストレス要因を理解することが、適切な仕事を見つける第一歩です。

 

製造業はストレスが少ない仕事

ストレスが少ない仕事を探している方に、製造業の仕事をおすすめしたい。

 

1.単純作業が中心で責任が重くない

製造業の現場、特にライン作業は、マニュアル通りの単純作業が中心です。同じ作業を繰り返すだけなので、新しいことを覚える必要がありません。

また、重大なミスをしても生産ラインに影響がでる程度で、会社経営に直接的なダメージはありません。つまり、責任が重くなり、ストレスが溜まりにくい環境と言えます。

 

2.人間関係が限られている

製造現場は同じ作業を並んで行うため、上司や同僚との人間関係が単純です。お客様対応もないので、人間関係によるストレスが少ないのが特徴です。

 

3.勤務時間が規則ただしい

製造業は、交代制勤務が一般的です。残業は比較的少なく、休暇も取りやすいため、プライベートとの両立がしやすい環境が整っています。ワークライフバランスを大切にできます。

 

4.体力的な負担が少ない職種も

製造業には、検査や監視、組み立てなど、座って行える作業もあります。体力に自信がない方でも、ムリなく働ける職種が見つかります。

 

このように、製造業にはストレスが少ない職場があります。自分に合った職種を見つけ、心身ともにリフレッシュできる働き方を実現しましょう。

木村:KIMURA/ アスタリスク、人材戦略グループ長 広告・人事担当

PROFILE:木村瞳。1985年生まれ。岡山県出身。大学卒業後ユニクロに入社し日本各地を転々と転勤し愛知の豊橋へ。人材コンサルタントに興味を持ち、アスタリスクに2014年転職。派遣スタッフさんのフォロー担当を務めながら、広告担当も務め、数多くの企業様へ訪問させていただいた経験と情報を活かし、今は広告担当専属に。求職者の方に忖度しないこと。良い情報も悪い情報も、お話しし、その方にとって間違いのない選択。リスクの低い選択をご提案できるように心がけている。

サイト内検索

サイト内検索