アスタワーク
キープ

お役立ちコンテンツ

2025年に愛知県で注目される工場をご紹介!

2025年に愛知県で注目される工場をご紹介!

2025年に愛知県で注目される工場をご紹介!

2025年に愛知県で注目される工場をご紹介!

 

デンソーの2025年、経営計画を分かりやすく解説!

デンソーは、2025年までの5年間を「変革と成長の5年間」と位置づけて、2022年3月に「2025年 中期経営計画」を発表しました。この計画は、デンソーが目指す未来像と、その達成に向けた具体的な取り組みを発表しています。

 

1.地球温暖化への挑戦:カーボンニュートラル「脱炭素社会」の実現

デンソーは、自動車部品大手のグローバル企業として、地球温暖化対策に積極的に取り組んでいます。その中でも、特に力を入れているのが以下の3つの取り組みです。

 

・電気自動車の普及を加速

 ハイブリット車や電気自動車向けの部品開発を加速し、2030年には電動車関連の売上比 率を50%まで高めることを目指しています。これは、ガソリン車よりも環境負荷が低い 車種を増やすことで、CO2排出量削減に貢献することを意味します。

 

・次世代燃料電池の開発

 従来の燃料電池よりも高効率で低コストな次世代燃料電池システムの開発を進め、2025 年には商用化を実現します。燃料電池車は、電気自動車よりも長距離走行が可能で、充電 時間の短縮も期待できます。

 

・生産活動におけるCO2排出量削減

 省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの利用拡大により、2030年には生産活動におけ るCO2排出量を2019年比40%削減します。これは、自社の製造過程から排出されるCO2

 量を大幅に削減することで、環境負荷を低減することを意味します。

 

2.未来の移動革命!デンソーが描くMaaS時代

自動車からモビリティサービスへと、自動車産業の変革が進んでいます。デンソーは、この変化を先取りし、MaaS(Mobility as a Service)時代を見据えたモビリティサービスの創出に取り組んでいます。

 

※MaaSは、移動そのものをサービスとして提供する新しい考え方です。

 

・自動運転で快適・安全な移動を

 レベル4自動運転技術の開発を進め、2025年には高速道路での自動運転サービスの商用化を目指します。これは、ドライバーが運転操作から解放され、安全で快適な移動を実現することを意味します。

※レベル4自動運転技術とは?

以下のような状況下で、ドライバーが操作しなくても、自動運転してくれる技術のことです。

具体例:

・高速道路での自動運転

・渋滞時における自動運転

・指定された駐車場への自動駐車

・特定のルートにおける自動運転

・車と繋がるコネクテッドカーで新たな可能性を

 車両とインフラ、そして人と繋がるコネクテッドカー技術の開発を進め、新たなモビリ  ティサービスの創出を目指します。たとえば、渋滞情報や駐車場情報などリアルタイムで 提供し、よりスムーズな移動を可能にすることができます。

 

・MaaSプラットフォームでシームレスな移動体験を

 様々なモビリティサービスをシームレスに連携させるMaaSプラットフォームを構築しま す。これにより、電車、バス、タクシー、カーシェアリングなどをまとめて予約・決済す ることが可能になり、より便利で快適な移動体験を提供します。

 

3.デンソーが描く、未来の社会:人と社会の豊さへの挑戦

自動車部品メーカーの枠を超え、デンソーは人と社会の豊さを実現する新たな価値の創造に取り組んでいます。

 

・人口知能とロボットで社会課題を解決

人口知能やロボット技術を活用した新たなソリューションの開発を進め、製造業や医療・介護などの分野で社会課題の解決に貢献します。たとえば、工場における自動化や、高齢者向けの介護ロボットの開発などが考えられます。

 

・データ分析で新たなサービスを創出

ビッグデータ分析を活用した新たなサービスの創出に取り組むことで、顧客満足度の向上や社会課題の解決に貢献します。たとえば、ドライバーの運転習慣に基づいた安全運転アドバイスや、地域住民のニーズに合わせた公共交通サービスの提供などが考えられます。

 

・オープンイノベーションで更なる飛躍

社内外のパートナーと連携したオープンイノベーションの推進により、新たな価値の創造を加速します。異なる分野の知見や技術を組み合わせることで、従来では考えられなかったような革新的なアイデアが生まれる可能性があります。

 

4.デンソーが目指す未来の組織:変化を支える人材と働き方

2025年中期経営計画達成に向けて、デンソーは人材育成と働き方改革にも力を入れています。

 

・自律・自立した人材

 変化の激しい時代を生き抜くためには、自ら考え、行動できる自律・自立した人材が必要です。デンソーは、社員一人ひとりが主体的に学び、成長できる環境を整備し、変化に柔軟に対応できる人材を育成します。

 

・多様な価値観の融合

イノベーションを生み出すためには、多様な価値観や経験を持つ人材が活躍できる環境が必要です。デンソーは、ダイバーシティ&インクルジョンの推進を通じて、性別、人種、国籍、宗教、LGBTQ+など、あらゆるバックグランドを持つ人々が尊重され、活躍できる職場づくりを目指します。

 

・ワークライフバランス

仕事とプライベートの充実を両立できるワークライフバランスは、社員のモチベーション向上と生産性向上に不可欠です。デンソーは、テレワークやフレックスタイム制度の導入などにより、社員一人ひとりのライフスタイルに合わせた働き方ができる環境を整備しています。

 

アイシンの2025年中期経営計画を分かりやすく解説!

アイシンは、BEV(バッテリー電気自動車)とインテリジェント車両の開発への対応を加速するために、今後3年間で5兆円の追加投資を行うことを目指しています。同社は、BEVコンポネートユーザーエクスペリエンスを中心とした製品、ブレーキを成長分野に据えることで、事業ポートフォリオの変革を目指しています。

 

アイシンの目指す姿は「”移動”に感動を、未来に笑顔を。」の実現です。自動車の電動化や自動運転など、モビリティ(移動手段)が大きく変ろうとしている中で、アイシンはユーザーに喜んでもらいえる新しい価値を提供し続けようとしています。

 

その実現にむけて、アイシンは3つの強みを活かしていきます。

 

1.グループ全体で協力しあう「グループ総合力」

これは、サッカーチームにたとえると、フォワード、ミッドフィールダー、ディフェンダーなどがうまく連携しあうようなものです。

 

2.新しい技術を生み出す「技術開発力」

これは、料理人が新しい味を生み出すように、アイシンは新しい製品やサービスを開発する力があるということです。

 

3.確かなモノづくりを支える「ものづくり力」

家を建てる大工さんのように、アイシンには高い技術力とノウハウがあります。

 

こうした強みを活かしながら、アイシンは2030年までに売上高を現在の約3倍の5.5~6

兆円に拡大する計画です。主な成長分野は、電気自動車向けの製品と、ユーザーの快適性を高める製品となります。

 

そのための対策として、今後3年間で5,000億円を投資をします。その資金は新製品の開発や設備投資、従業員の再教育費用にあてられます。一方で、既存事業からの資金改修や資産の圧縮で5,000億円を生み出し、成長分野への再投資や、株主への還元に回す予定です。

 

また、アイシンは環境や社会への取り組みも重視しています。2050年までに自社のCO2排出量を実質ゼロにするため、電気自動車の普及や再生可能エネルギーの活用を進めています。さらに、働き方改革を推進し、多様な人材が活用できる環境づくりにも注力しています。

 

トヨタ自動車の中長期戦略を分かりやすく解説!

・2030年までにガソリン車ではなく電気自動車を、世界で350万台のEVを販売する計画です。

・2030年までに30車種のEVを新たに販売する予定です。

・トヨタの高級ブランドであるレクサスも、2030年までにEVしか売らなくなる予定です。

・トヨタ初の新型EVは、中型クロスオーバーSUVのbZ4Xです。

・bZ4Xは、1回の充電で559kmの走行距離を実現します。

・トヨタは、bZ4Xを販売する代わりに、日本でリースしています。

・顧客は、トヨタの子会社であるKINTOを通じてサブスクリプションプランを選択するか、トヨタの販売店から車両をリースすることができます。

・トヨタは、顧客がEVのバッテリー寿命、メンテナンスコスト、リセールバリューを懸念している可能性があります。

・車両をリースすることで、トヨタはこれらの懸念に対処することができます。

 

デンソー、アイシン、トヨタ自動車の中長期戦略から見る製造業の変化

トヨタ自動車、アイシン、デンソーの中長期戦略において、「生産・物流の効率化」は重要なテーマの1つです。各社は、様々な取り組みを通じて、生産性向上とコスト削減をめざしています。

 

1.トヨタ自動車

トヨタ自動車は、生産現場の「モノづくり革新」を推進しています。具体的には、以下の取り組みが挙げられます。

 

・自動化・ロボット化:ロボットやAIを活用した生産工程の自動化を進め、人手による作業を削減しています。

 

・ラインストップゼロ:生産ラインの停止時間をゼロにすることを目指し、設備保全や故障予知の強化に取り組んでいます。

 

・ムダの徹底排除:生産工程におけるムダを徹底的に排除し、効率化を図っています。

 

・トヨタ生産方式の進化:長年培ってきたトヨタ生産方式を進化させ、更なる効率化を目指しています。

 

2.アイシン

アイシン、スマートファクトリーの実現に向けた取り組みを進めています。具体的には、以下の取り組みが挙げられます。

 

・IoT(モノのインターネット)の活用:生産設備にセンサーを取り付け、データを収集・分析することで、生産状況を可視化し、効率化を図っています。

 

・ビッグデータ分析:生産データや販売データを分析することで、生産計画の最適化や品質向上につなげています。

 

・AI(人口知能)の活用:AIを活用した生産管理や故障予知システムの開発を進めています。

 

・サプライチェーン全体の効率化:サプライヤーとの連携を強化し、部品の調達や物流を効率化しています。

 

3.デンソー

デンソーは、サプライチェーン全体の効率化に取り組んでいます。具体的には、以下の取り組みが挙げられています。

 

・サプライヤーとの協調:サプライヤーと協力して、生産計画の共有や部品の共同開発などを進めています。

 

・物流の最適化:輸送ルートや配送方法を最適化することで、物流コストを削減しています。

 

・在庫管理の効率化:需要予測や在庫管理システムの導入により、在庫コストを削減しています。

 

・デジタル技術の活用:生産・物流データのデジタル化を進め、データ分析による効率化を図っています。

 

製造業の働き方の変化を予想

・安全性の向上:ロボットやAIの導入により、事故のリスクが減少していくと考えられます。

 

・動労環境の改善:暑さ、寒さ、騒音などの過酷な作業環境を改善するための取り組みが進められる可能性があります。

 

・健康管理の強化:長時間労働やストレスによる健康被害を防ぐための健康管理制度が充実していくと考えられます。

 

・ワークライフバランスの向上:柔軟な勤務制度や育児・介護休暇制度の充実により、ワークライフバランスの向上を目指す取り組みが進められる可能性があります。

 

まとめ

トヨタ自動車アイシンデンソーの中長期戦略を解説してみました!

愛知に今住んでいる方や、転職で愛知の製造業への転職を考えている方の参考になればと思います。

今後もこういった、自動車産業に関する情報や、愛知にについてわかりやすく解説していきたいと思います。その中で愛知の製造業でお仕事さがしするなら1度「アスタワーク」を見ていただけると嬉しいです。

 

 

木村:KIMURA/ アスタリスク、人材戦略グループ長 広告・人事担当

PROFILE:木村瞳。1985年生まれ。岡山県出身。大学卒業後ユニクロに入社し日本各地を転々と転勤し愛知の豊橋へ。人材コンサルタントに興味を持ち、アスタリスクに2014年転職。派遣スタッフさんのフォロー担当を務めながら、広告担当も務め、数多くの企業様へ訪問させていただいた経験と情報を活かし、今は広告担当専属に。求職者の方に忖度しないこと。良い情報も悪い情報も、お話しし、その方にとって間違いのない選択。リスクの低い選択をご提案できるように心がけている。

サイト内検索

サイト内検索